スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONOLOGUE 03

私の会社においても今年のボーナスは厳しいものだった。
しかし、ボーナスの運用について考えるのは今年が初めてということで
待ちに待ったボーナスでもあり、やはり支給されることを素直に喜ぶべきだろう。

「子供は投資商品である」という考えがある。
私も両親からはそれなりの「教育資金」を投資されてきた。
コチラのBLOGに訪れた方は、私と同様
「投資というからには何かしかのリターンがあってしかるべき」
だという考えをお持ちであると思われる。




私は親元を離れて暮らしているが
毎月の仕送りは欠かさないでいる。

更に寄付も行っている。
「投資が世界経済の発展のため」
という「錦の御紋」を掲げるのであれば
非営利目的の寄付も行うという発想は難しくないことだ。
「日本ユニセフ協会」や「国境なき医師団」など
認定NPO法人に対して支出した寄付金は
寄付金控除の対象にもなる。
「控除できる金額≦(年間総所得金額×0.4)-5,000」

私もいつかは多額の寄付ができるほどの資産を持ってみたい。
そのような目的で投資を行うのはそれなりに気分が良いものである。
心の中で思うことに手数料は発生しないのだから。

いずれにせよ、そのような意味においては
私はそれなりのリターンを出せているのではないかと
自負している。

先に述べた「教育資金」は人生の三大資金と言われている。
残りの二つは「住宅資金」と「老後資金」である。
個人的には車を購入した場合も住宅資金と同程度の大きな資金だと考えている。

住宅資金に対する考えは人それぞれであるだろう。
何を隠そう私は大学生時代から現在に至るまで
転居を5回ほど経験している引っ越し好きである。
ひょっとすると来年にまた転居するかもしれないくらいだ。

近年のマンションのグレードの向上は著しいのではないだろうか?
築年数が数10年経ったマンションを子供に残すよりかは
そのマンション購入にかかるローン費用で海外旅行、留学などの
無形の資産を残したほうが良いだろうと言うのが私の持論である。
従って、マンション購入にはあまり興味が無い。
持ち家ならやはり土地付きの一軒家が良いのではないかと考える。

幸いにして私は家族が持ち家を持っているために
自分と家族の老後に住居に関しては
それほど心配はしていない。

さて、5回も引っ越すとなると
敷金、礼金、仲介手数料だけでもかなりの金額になってくる。

やはり賃貸マンションを借りる時は
敷金・礼金を含めた額で家賃を考えるべきだと私は考える。
つまり、実質的な家賃は
家賃+(敷金+礼金+仲介手数料)/24
と考えるのが良いのではないだろうか。
24と言うのは2年分という意味合いである。

こう考えると家賃10万円の家の実質的な家賃は
敷金・礼金がそれぞれ2か月の場合は
10+(20+20+10)/24=12.1万円
と2割以上も高いことになる。

そう考えるとやはり敷金・礼金は無いに越したことは無いのであるが
そのような物件にはやはり家賃に予め含まれている
と考えるのが妥当えだろう。

契約更新の際には家賃の引き下げ交渉も行うべきであろう。
減価償却を考えれば当たり前とも言える行為であり権利である。

因みに、韓国では敷金・礼金は大家が資産運用するのが一般的であり
転出時に敷金・礼金を全額返済することになっている。
日本の不動産業界も見習うべきであろう。
世界の賃貸事情を教えて!~その1 おとなり・韓国の賃貸事情(ALL ABOUT)

韓国に限らず世界の賃貸事情を見るとわかるのが
契約更新料を払うのも日本だけである。
日本では明らかに家主の立場が強すぎるのである。
やはり借り手が声を大にしていかない限りこの慣習は変わらないだろう。
世界の賃貸事情一覧

私が個人的に疑問に思っているのは仲介手数料である。
基本的には一か月分を払うことになっていると思う。
しかしよく考えてみるとおかしな話である。
あるマンションの1階と最上階の違いを考えるだけでも明白である。
それぞれの階の部屋の契約をする際に、家賃の差額の分の
サービスを受けることができたのかと言えば
そんなことはまずない。

このような問題に対しては賃貸住宅のダイレクト・アクセスという会社に期待したい。

以下、転載

住宅を借りる時は本当に高いお金が掛かります。でも、その初期費用を大幅に抑える事が『ダイレクト・アクセス』で可能になりました。

『ダイレクト・アクセス』は、「もっとお得に部屋を借りたい・貸したい」という皆様の声にお応えして生まれた、賃貸不動産直接取引サイトです。賃貸住宅を借りたい人(ユーザー様)と貸したい人(オーナー様)が、『ダイレクト・アクセス』を通じて直接交渉できるから、マンション・アパート一戸建てなどの賃貸住宅をお探しの方は仲介手数料ゼロでご利用頂けます。
『ダイレクト・アクセス』はインターネットを利用した直接取引きの場であり、賃貸住宅を借りたい人と貸したい人双方がその相手を自分で見つけて契約することができる仕組みとなっています。
この方法はアメリカではスタンダードな手法のひとつで、お部屋探しに当たって仲介手数料が発生しません。ですから、家賃の1ヶ月分に相当する費用が節約できるのです。


ここまで

現時点では、契約書作成で費用がかかる可能性があるが
それでも私は高く評価したいと思うし
このような会社がもっと増えてしかるべきであろう。
私も今度、転居する際は是非ともこのようなシステムを利用したい。

コメント

賃貸

初めて東京にきたとき立ち寄った不動産で 『四万から五万円以内の部屋ないか?』と聞いたら『東京なめてないか?』と言われましたw
まぁ 四万円台のアパートみつけましたけど、あたしも引越しは好きです♪
あんまし古くない部屋なら どこでも…
いや、キッチンが綺麗ならどこでも住めそうです。
子供は投資商品…
あたしも親にはかなり投資していただいたのに 期待ハズレな子供に育っていまだに迷惑かけちゃってます(>_<)

いつか恩返しできたらいいんだけれど、たぶん 一生心配かけてしまいそうです。
プラチナさんて偉いです、見習わなくてわ
+.(・∀・●)゜+.


やはり賃貸マンションを借りる時の考え方
同感です。
実質的な家賃は
家賃+(敷金+礼金+仲介手数料)/24
と考えるのが良いと思います。
持家の場合は、固定資産税をプラスして考えるのがいいと思います(*^^*)
プラチナさんの日記にトラックバックしてみたのですが、初めてで、もしかしてやり方間違えたかもしれません・・・。


コメントありがとうございます

>あーうーおほほさんへ
私が学生の頃は○○荘、風呂無し、共同トイレ
と言ったそれこそ低価格物件もありましたが
建築基準法ができたためか
最近はそのような物件は見ませんね。
まあ、投資には短期リターン、長期リターンと言う
考え方もありますので
ご両親さまがご生存なら十分間に合います。

>kirara28さんへ
改めて計算してみると家賃は思っていたよりも高いものですね。
出費を抑えるにはまずは家賃の見直しだと思いますし。
>持家の場合は、固定資産税をプラス
ここまでは考えが及びませんでした。
私も希望としては持ち家が欲しいのですが
私の居住区のエリアではとても難しそうです。
トラックバックありがとうございます。
実は私も良く分かっていないのですが
kirara28さんのblogにてトラックバックさせていただきますね。

「子供は投資商品である」という考えは現在の私にはわからない感覚です。何かしかのリターンが見つからないからです。きっとお金ではない何かでしょうが、親にとってプラスのリターンを与えられているのだろうかと考えてしまいます。
プラチナさんは仕送りに寄付と世界にプラスを与えてますね。尊敬します。私も少し自分中心の思考をシフトさせたいと思います。


saikifukatuさんへ

コメントありがとうございます。
「恋人は投資商品である」という考え方と言うか本まであったりします。「商品」「投資」と言った言葉を生身の人間に当てはめることに対して私も初めは抵抗がありました。マイナスのリターンを(借金の保証人、警察のお世話)などと考えるともう少し想像しやすいのかもしれません。
私が本で読んだ限りでは親を大事にしない人間は成功できません。そして毎月ちょっとの寄付でsaikifukatuからそのようなコメントを頂けるわけですから、やはり気持は良いです。私も以前はそのような考えをもたない人間だったのですが、つい最近になってそう思えるようになったばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


住宅についての考え方

住まいにはそれぞれの考え方があっていいと思います。 賃貸か、購入かでも状況によって異なると思うからです。 サラリーマンの場合 住居に...


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。